「完璧じゃないことを自分に許した自分」は人に優しくなれる

ブログ

日々ご相談を受けている中で

 

自分でつけた肩書きに囚われ苦しんでらっしゃる方が多いなと感じております。

 

母親だから〜〜でなくてはならない

 

この年齢だから〜〜してなくてはならない

 

女性だから〜〜

 

男性だから〜〜

 

 

普通こうだよね〜〜という概念って誰でもあるもので

 

それに自分が当てはまってないと 苦しくなってしまうことってきっと誰でも一度は経験あるのではと思います。

 

私自身もありました。

 

その年齢になるのにみんなが当たり前にやっていることをできていないとか

 

人の心に携わる者としては

 

 

全ての人を受け入れなければいけない

 

人の悪口を言ってはいけない

 

いつも心優しくいい人でいなければいけない

 

相手に怒りの感情を持ってはいけない

 

いつもぶれず、落ち込んだりしてはいけない

 

メンタルは強くないといけない

 

常に向上心があり努力を怠らず 休まずやり続けなければいけない

 

 

とこう思っていました。

 

 

確かに これができることに越したことはないし

 

こういう人は素敵だと思うけれど

 

「こうでなければいけない」とした途端

 

それができていない自分を責めて

どんどん苦しくなっていくのを感じていました。

 

仕事だけではなく、プライベートでもそれをやり続けて

 

どうしても受け入れられない物事や人をどうにか受け入れようとした結果

 

ある時、心と体を壊してしまいました。

 

「こんな風になりたい」

 

と、理想を持つのはいいことだけど

 

「こうでなくてはいけない」 とした途端に

 

それは「理想」ではなく

 

「自分を縛る呪い」に変わってしまうのだと身をもって体験しました。

 

 

それからはなるべく自分に嘘をつくのを辞めようと努めています。

 

努力してもどうしても受け入れられない人とは距離を置くことを自分に許す

 

いつも完璧ではない自分でよしとする

 

 

全ての人を受け入れなくてもいい

 

人の悪口をたまには言っていい

 

いつも心優しくいい人でなくてもいい

 

相手に怒りの感情を持ってもいい

 

ぶれたり落ち込んだりしてもいい

 

メンタルは弱くてもいい

 

いつも上を目指さなくてもいい

 

のんびりしたりたまにさぼってしまってもいい

 

 

まだ自分を責めてしまう日もあるけれど

 

これらを自分に許そうとした結果 生きるのがだいぶ楽になりました。

 

 

全ての人を受け入れなくてもいいことを許したら 不思議と前よりも受け入れられる人が増えました。

 

悪口を言う事を自分に許したら 必要以上に悪感情を持つ事もなくなりました。

 

怒りを許したら怒ることがほぼなくなりました。

 

メンタルは弱いままだし たまにさぼったりしますが(笑)そのぶん人の弱さに寛容になりました。

 

 

完璧な自分だから人を受け入れられるんじゃなくて

 

完璧な自分じゃないからこそ 

 

「完璧じゃないことを自分に許した自分」

 

だからこそ人に優しくなれるのだということに気づきました。

 

 

不思議なことに一度諦めて そうなれない自分を許したら 理想とする自分に近づくということが起きたんですよね。

 

そして自分の出てきた感情を否定すれば否定するほど 感情は膨れ上がり自分では制御不能になることに気づきました。

 

 

なので 自分の理想に近づく方法の第一歩は

 

「まずそうなれてない自分を許してあげる事」なのだと思いました。

 

 

自分を肯定する、好きになるってハードル高いと思う方多いと思うので

 

まず肯定しなくても 好きにもならなくていいから

 

「こんな風になれない自分」をどうか責めないであげてくださいね(^-^)/

 

メルマガ「女神からのニュースレター」からの抜粋・加筆

REPROUD・リプラウド(曽我朋代)夏はひたすらスイカを食べたらいい霊的な理由 【曽我朋代の〜女神からのニューレター〜】 - リザスト
AURORA REPROUD・リプラウド(曽我朋代)

 

 

 

コメント

人生の視点が180度変わるオンライン個人セッション
ご予約はこちら
人生の視点が180度変わるオンラインセッション
ご予約はこちら